スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の冬対策

あっと言う間に9月も下旬を迎えて
もう少しで10月の声を聞く季節になりました。
一部の山々では紅葉の便りもあり、来週には初冠雪も
あるやも知れないと天気予報で聞きました。

そういう話題を耳にするこの時期になると
ぼちぼち暖房対策を考えないといけません。
クマのように冬眠で乗り切れれば、光熱費や
食費がかなり浮くので助かるんですが(笑)
そうも行きませんので、少ない生活費から
今年もバカ高い灯油を購入するための費用を
捻出するなど苦労する事になりそうです・・・。


北海道では大半の家が灯油ストーブで冬を乗り切る
場合が多いのですが、ここ数年は電気暖房も需要が
増えているようです。やはり灯油高騰は影響大です。
我が家も色々考えましたが、やはり電気に切り替えるには
かなりの費用もかかるので断念・・・。
でも何とか節約できないかと考えた末、暖房器具の
変更に至りました。
8年ほど使ったストーブから今年発売したばかりの
ブルーの炎が出るタイプに思い切って変更しました。
奥行き27㎝で設置可能で遠赤外線効果もあるとの
ふれこみに惚れました。
部屋自体が10年超えの建物なのでどれだけ熱効率が
上がるか定かでないですが、価格値の効果が出てくれれば
多少なりとも節約に繋がってくれるのではと・・・。

幼少の頃は薪ストーブ、石炭ストーブだったりで
灯油に変わってからも、家の真ん中で部屋を温めてくれていた
ストーブも、今や家具の一部のようにオシャレなデザインと
機能を持つ素敵なものに変化してきました。が、現実は
灯油ストーブ事業から撤退する会社も増えて来ているのです。
今年は3メーカーしか無いんですよ。
数年後にはストーブそのものが世の中から消えて無くなる
ッてこともあるかもデスね。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ネコパーツ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。